先日、淡路の灘黒岩水仙郷に行ってきました。
ちょうど満開の頃だったようで、甘い水仙の香りが漂って、目の前には沼島が見えて良い景色でした。
今回、淡路に行った目的が、知り合いの視える方が、私についてる神様の事を教えて頂いてからでした。
その神様の名前は今は言えませんが、まずは淡路の沼島から出発して最終的にはその神様にたどり着くのをこの1年でしたいと思ってます。

沼島は、日本書紀での国産み神話で、神様が日本国を造る時に、初めて造った島と言われています。


沼島に向かってご挨拶。
これから始まる一年の神様巡りが無事に行きますように。
私とご縁のある神様に最終たどり着けますように。
そして…そして…今年は飛躍の年になりそう…そんな予感も含めて。

淡路と言えば、伊弉諾神宮です。
こちらにもご挨拶。
ご祭神は、国産みの伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこ)のご夫婦です。

この日はとても寒く雪も降ってきました。雪は浄化を表します。いい兆しです。